About Us

経営理念・ミッション

EuphemiaGLOBAL(ユーフェミアグローバル)を立ち上げた私たちも1児の子を持つ親です。
私たちも、この先どういう教育環境を我が子に与えるべきか様々な考えを抱いています。

そんな私たちが我が子に対して、そして子の世代に対して願うことを考えた時、

自分の想いをしっかりと世界に発信でき、
様々な価値を多様な人々と分かち合える人になってほしい
という言葉が浮かびました。
この想いが私たちの活動の理念となりました。
<活動理念>
日本人が将来大切な価値を世界の人々と円滑に分かち合えるよう
あらゆるプラットフォームの提供を実施する
島国で単一民族である日本で育つ場合、
世界共通言語である英語の必要性を強く感じることや、
全く違った価値観やバックグラウンドを持つ人と接する機会が少ないのが現状です。
そんな現状を打破し、
日本の子供たちの視野を世界に広げる
日本にいても英語を使いたいと思わせる機会を創出する
自らの想いや意見を英語で発信するための能力開発をサポートする
これらをミッションとして、
将来を担う子供達の成長のサポート役になりたいとの願いから
私たちはEuphemiaGLOBAL(ユーフェミアグローバル)を立ち上げました。

 EuphemiaProgramのポイント

私たちは上記に紹介したミッションを骨子として
日本にいる親子が
場所や時間に制限されることなく
英語に触れられるよう
オンラインワークショップという形を取り活動しています。
また、脳科学や研究機関のデータを基に
好きから入り、アウトプットまで実践する英語
をコンセプトにコンテンツの提供をしていきます。

私たちの強み

私たちの持つバックグラウンドが強みです。
2000人以上の日本人に英語を教えてきたダディ
×
留学経験なしで大手企業の営業として世界を飛び回ったマミー
この二人だからこそ分かる、ネイティブから見た日本人の癖
日本人だからわかる苦労や英語学習過程における落とし穴
を徹底的に分析し、プログラムを作成しています。
 また、
世界有数の多国籍移民が集まるカナダの大都市トロントで生まれ育ったダディ
x
様々な文化が入り乱れるヨーロッパ10ヶ国以上の顧客との交渉経験を持つマミー
だからこそ、多様なバックグラウンドを持つ人々、文化、歴史を紹介しながら
日本にいても世界に視野を広げられるコンテンツをお届けできます。
私たちのコンテンツを通して、
従来教育で叩き込まれる 英語「」学ぶことではなく、
英語「で」知り、自らの力で理解し、アウトプットしていく
という力をお客様に身につけて頂ければ何よりです。
英語が科目となり勉強と認識してしまう前に
子供が英語の先にある世界に目を輝かせ
英語がツールとして好きになってくれることを願って。
その輝きが、いつか世界で活躍する希望の光となることを信じて
私たちは活動していきます。